【News Release】
報道関係者各位

2014年12月4日(木)
株式会社L is B(エルイズビー)

メッセンジャーは、コミュニケーションツールから業務システムのフロントエンドへ
daab SDK 公開

daab : direct agent assist bot

株式会社L is B(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:横井太輔)は、企業向けメッセンジャー「direct」とSaaS/PaaSや企業の業務システムとを連携させる新しいインターフェイスである「daab(direct agent assist bot) SDK」を本日より公開します。

昨年度から弊社のdirectをはじめ、企業でのメッセンジャー導入が加速していますが、それはコミュニケーションツールとしての利用でした。directはdaab SDKにより、単なるメッセンジャーから、業務で利活用できるコミュニケーションフロントエンドツールに進化します。具体的には、企業内のシステムや、既存のSaaS/PaaS(Google Apps、Microsoft Office365、Cybozu kintoneなど)と連携し、日報作成、案件管理、商談議事録、スケジュール管理などの業務を、メッセンジャーをフロントエンドのユーザインターフェースとして利用出来るようになります。

「daab SDK」は企業向けメッセンジャーのdirectとSaaS/PaaS・企業の業務システムとを連携させるbot*1を開発するための開発環境です。「daab SDK」はHubot*2をベースに拡張しております。これにより、Hubotでは扱えない『位置情報』や『スタンプ』『アクションスタンプ』『写真、動画共有』『添付ファイル』『一斉連絡』等のdirectの標準機能を使ってbot化することが出来ます。このようにdirectは「daab SDK」による外部システムとの連携でより業務に直結したソリューションとなります。「daab SDK」は無料でご利用頂けます。

  • *1 botとは自動的にコマンドを実行するプログラムです。
  • *2 GitHub社が開発しMITライセンスで公開しているNode.jsでbotを作り動かすためのフレームワークです。

daab SDKの主な特徴

① 「direct1.0」に搭載されている機能を使ってbotを作成出来ます。

「テキストメッセージ」「位置情報(今ココスタンプ)」「タスク共有(アクションスタンプ)」「アンケート入力(アクションスタンプ)」「スタンプ」「写真、動画共有」「一斉連絡」「添付ファイル」 等 botは任意のサーバーに設置可能です。

② 「SaaS/PaaS」や業務システムとつなぐことが出来ます。

「Google Apps」 「Office365」「kintone」「Salesforce」「moreNOTE」・・・等
他各種グループウェア、基幹システム等との連携が出来ます。

③ インターネットサービスとつなぐことが出来ます。

「天気」「株価」「ニュース」「路線図」「地図」「相場」等、各社の提供するサービスと連携が出来ます。


提供サービス、および提供方法、お申込日

① daab SDK 一式

② daab SDKを使った下記botサンプルプログラム

daab SDK 開発セミナーについて

下記の日程でdaab SDKの開発セミナーを行います。

※ お申込情報等はdaab developerサイトでご案内いたします。

本件のお問い合わせ先

株式会社L is B (エルイズビー)  広報担当 横井・城戸

TEL:03-5812-4735 FAX:03-5812-4736

Mail:info@direct4b.com

  • ※記載された社名、及び製品名、サービス名は各社の商標および登録商標です。

以上